メールレディさんに感謝

a0055_000816

 

 

h4メールレディをしていただいてくれる人に感謝しています。

 

 

私は今まで女性という女性と事務上の会話ぐらいしかしたことがない中年男性です。

そんな私はもちろん女性と会話してみたいという気持ちがいつも存在しました。

結婚もしておらず、毎日会社の為に取引先にへこへこお辞儀をしているサラリーマンなのです。

 

社内では上層部の叱責が私のところに飛び、部下との関係もあまり上手くいっているとは言えません。

そんな板ばさみ状態から抜け出し、家に帰って来る日々です。

そんなときインターネットで出会った一人の「メールレディ」との会話で私は世の中の荒波から少しの時間ですが忘れることができました。

私にとってメールで女性と交流する時間というのは砂漠の中にあるオアシスのようなものなのです。

 

もしこの文章を読んでおられる方がメールレディになることを躊躇しておられるのでしたら、私のような疲れた社会人を癒す奉仕活動だと思って参加して頂きたいです。

 

私の知り合いの中でも社会の荒波に揉まれてストレスが溜まってしまった友人がいます。

そんな彼の心の拠り所というのも、また自宅のパソコンで通じ合う数人の女性からのメールなのです。

メールレディの良いところは男性側にとっても時間がない忙しいサラリーマンにとっては貴重な女性とのコミュニケーションの場なのです。

 

我々は時間がない分、実際にお見合いや、ましてはナンパなど長い時間と大胆さがないとできない行動は、どうしても中年男性には難しいのです。

ですので私は友人は手軽にできる女性との交友の場があることにとても感謝しております。

そしてそれを支える多くのメールレディに我々男性は毎日救われる気持ちがあるのです。

 

私たち男性は多くの多種多様なメールレディと出会いたく、常に渇望しております。

もしよろしければ、我々救われない男性に、一筋の希望を与えてくださる機会を持っていただけたら幸いです。