妊活に必要な三つの代表的な栄養素とは

妊娠や妊活に必要な代表的な栄養素といえば葉酸とビタミンDとビタミンEが挙げられます。

食事によって、それらの必要な栄養素がしっかりとれているならば問題はありませんが、不足していては困ったことになってしまうことがあるので妊活サプリを利用してしっかりと補給しておく必要があります。

 

そのころからも妊活サプリは代表的な栄養素である葉酸やビタミンDやビタミンEがバランスよく配合成分として含まれているものを選びましょう。

 

葉酸は胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減少させる効果があります。

胎児の神経管閉鎖障害リスクを減少させるためには妊娠初期に一定以上の葉酸量が必要ですから、妊活開始と同時に葉酸を摂取しておくことは必須と言えます。

 

また、葉酸は水溶性であることから、食事からとれても必要量に不足していることがありますから、妊活サプリが有効です。

 

ビタミンDは生殖機能を活発にさせるという研究結果があります。

ビタミンDは日本人、特に若い女性のビタミンD不足の割合が多いのです。

 

つまり食品から十分なビタミンDを取れていないということでこの意味からも妊活サプリからビタミンDを取ることが必要です。

 

ビタミンEは不足すると妊娠高血圧腎症などの合併症を引き起こす可能性があり、また胎児が小さくなるということも報告されています。

ビタミンDとは違いビタミンEは不足気味な人は多くありませんが、それでも妊活サプリにビタミンEが含まれていることが望ましいことは言うまでもありません。