産み分けについて思うこと

精子がy染色体を持っていれば男の子が生まれます。y染色体には特徴があります。

酸性に弱く、アルカリ性に強いです。そして、寿命が1日ほどです。動くスピードが速く、数が多いです。

 

男の子の出産を希望の場合は、膣の中の酸性度を下げることが良いとされています。

排卵日には膣の酸性度が最も下がるとのことです。

 

このことから、セックスは排卵日当日に行うと、男の子を妊娠できる確率が高くなるかもしれません。

また、女性が快感を感じるとアルカリ性の粘液が出て、膣内の酸性度が中和されるそうです。

 

女性を中心に考えてセックスをすると良いかもしれません。

産み分けのゼリーを使う方法もあります。膣の状態をアルカリ性にするゼリーがあります。

 

成分も危険性がないので安心して使えます。りん酸カルシウムを取ることも良いそうです。

りん酸カルシウムを飲んで妊娠した方の多くが、男の子ができたそうです。

 

多くの説がありますが、医学的な根拠がない説も多いです。

専門家に相談してみるのも方法の一つです。うその情報に惑わされないでほしいと思います。

 

男性の体調も関係あります。1週間ほど精子を出さないでいると、y精子の比率が高くなるとの話しもあります。

しかし、精子を出さない期間が長くなると、精子の健康状態が悪くなるそうです。

 

産み分けには、食べ物などの効果はないそうです。医師に相談し、有効なものだけを取り入れてください。情報を取捨選択し、慎重な対策が必要です。