期間工で働く前に知っておきたいこととは

期間工とは期間従業員とも呼ばれますが、読んで時のごとく雇用契約時に雇用期間が決められている働き方の形態です。

どのくらいの雇用期間なのかは雇用する会社によって違いはありますが、3ヶ月以上で最長でも36ヶ月未満となっていると考えていいでしょう。

 

期間工を雇用するのは、自動車産業などの日本を代表するような大手のメーカーが多くなっていますが、スキルや資格は必要とされず、未経験者でも期間工として働くことができます。

期間工として働こうと考えている人はまずは、期間工のデメリットをしっかりと知っておきましょう。

 

まず、期間工のデメリットとして最も重要な点は雇用期間が短期であるということになるでしょう。

最長でも35ヶ月の雇用契約となってしまうことから、同じ職場で働き続けることはできないという不安はあります。

 

ただし、期間工として働いている人でも正社員になることができたり、期間を限定しない雇用契約となることも増えているようです。

しかし、基本的には期間工として働く場合には短期間でガッツリとお金を稼ぐと割り切ったほうがいいでしょう。

 

もう一つ期間工のデメリットは労働時間と労働の質があります。

期間工はメーカーの工場勤務であることが多いことから、24時間稼働の工場などでは夜勤や長時間労働もあります。

 

ただし、大手メーカーの工場ですから法律の遵守は徹底されていることがおおいですから、極端な動労時間や重労働はないものと考えてもいいでしょう。